通り

暮らしと仕事のために

ひとり暮らし、あるいは家族での暮らしのために、個人でマンションやアパートを探している人がいます。
駅から近い家、便利なお店などがある街が、身近にある家。彼らはそういった家を求めて、インターネット上の不動産サイトをじっくりと見て、あるいは街の不動産屋のもとへ足を運んでいます。

一方で、個人ではなく「法人」として、暮らしのための住まいを探している人がいます。何だかややこしい書き方ですが、「法人」とは、分かりやすく書くなら「会社」という意味を持っています。
個人が一人の人間としてさまざまな権利を持ち、また義務を果たさなければならないように、法人も権利と義務を持ちます。
会社組織は、もちろん法律や倫理の範囲内で経済的に成長するためにさまざまなことを行う権利を持っています。同時に、「法人税の納税」といった義務も果たさなければなりません。
「法律的に人間と同じ扱いをされるもの」として会社は存在し、そして、会社で働いている人の住まいを探します。そこで探されているのは、いわゆる「社宅」というものです。

東京や大阪、そのほか日本の代表的な「都市」には、「オフィス街」と呼ばれる一角があります。高いビルが空に向かって伸び、コンクリートとガラスが光る、そんな街です。
そして、大小の会社がたくさんある東京には社宅として使われるマンションもたくさんあるのです。なぜなら、オフィス街にはビルばかりでなく、革靴の音をコツコツと立てて歩くスーツ姿のビジネスマン、ビジネスウーマンの方々が、たくさんいらっしゃるからです。
仕事に打ち込むビジネスマン、ビジネスウーマンたちのために、社宅マンションはオフィス街に通じる駅に近く、会社の名に恥じない先端設備を備えたものになっています。

とはいえ、「我が社にふさわしい社宅マンションはどこだろうか」と探す担当者の人たちも、ビジネスマン、ビジネスウーマンの一人として忙しい日々を送っています。
なかなか、充実したマンション探しが難しいこともあるでしょう。
そういうわけで、東京の社宅マンション探し、大阪の社宅マンション探しを後押しする、専門の業者があります。この業者は、会社の担当者からの依頼を受けて、会社の希望に沿った物件を紹介してくれるのです。
日本の経済力を支える大きなパワーが、ここにあると言っていいでしょう。

日本のビジネスの中心である東京の社宅探しならおまかせ!働く人たちが住む住まいのレベルも、他社を追い抜いていきましょう。

階段

対応する

新築については、今までに誰も住んでいないため、全てのものが新品であり設備も最新であるが、建築前に契約となったりする場合に住む前に見学できないこともあり実際に、住んでから思っていたのと条件が違うといったこともありますので注意が必要です。

賃貸マンションや中古マンションと賃貸一戸建てや一戸建ての購入についても大きく分かれますが、賃貸については毎月家賃を払わなくてはいけないですが、収入や家族状況に応じて住まいを変えるということができます。
また、購入となると転勤で離れることを思うと、賃貸にするメリットもあります。

家の外側

物件について

物件を選ぶ際に、悩むところがたくさなると思いますが、どのようなことについて重点的に考えるのかというのがポイントです。
また、住むにあたって集合住宅のようなマンションにするのか、一戸建てにするのかというところも考えるところです。

マンションや集合住宅については、安価になりますが周辺の騒音など住民への配慮が必要となります。
また、一戸建てについては、周りの住民への気を使うことが少ないこともありますが、高価になることもあります。
また、中古と新築についても大きく分かれるとことですが、中古については比較的安価であり実際に物件を見学することができて、通風や日当たりや周辺の状況(景観)や外観について事前に調べておくことができます。
もし、合わないといったことであれば違う物件にしたいということもできます。
ただし、中古のため、築年数によっては、設備が古いということがありますので事前に確認することが重要です。

電気のついた部屋

賃貸は生活に余裕あり

賃貸と持ち家については、よく議論されていますが、実際にはどちらがお徳なのでしょう。
賃貸のメリットは、ローンが無くいつでも引越しが出来ることがあります。
一方、持ち家のメリットはローンを払い終えれば自分の資産になることです。
また、景気の影響を受けやすいのは持ち家で、特に景気が悪くなると給料やボーナスに響いて、ローンの支払いに影響が出る事態も生じてきます。
その点、賃貸はローンの心配もなく、万一景気が悪くなって給与に影響が出ても、別の賃貸に変われば良いので、気楽に構えていられることがあります。
今回はそういう意味で、賃貸の立場からマンションと一戸建ての比較をします。

賃貸マンションは物件も豊富で、住みたい駅には必ずと言って良い程、便利さ主張のマンションが多く見られます。
その駅の近くに、スーパー、病院、学校等があれば、値段に拘らず購入する傾向が高いのです。
でも、その前に忘れてはいけないことは、殆どのマンションには管理組合があり、修繕積立金を含む管理費を支払わなければいけないのと、駐車場代も必要となります。
更に言えば、上下階との騒音による騒動に巻き込まれることもあるので、これらの要素も勘案して、十分に検討することが必要です。
もう一つの賃貸の暮らし方で、一戸建てを借りることがあります。
マンションに比べて、マイホーム感覚で騒音に関してもストレスフリーで、収納スペースも多いし、駐車場付きで庭もある一戸建ても借りれます。
その反面、一戸建て物件は少なくて古いものが多く、賃料もマンションよりも割高となります。
それでも、郊外に目を向けて条件を少し緩めにすれば、良い物件が見つかる可能性は高いのです。